投資に手間のかからないソーシャルレンディングは、初心者にも使い勝手のいい投資方法

投資は元本を減らすリスクもあれば、上手な運用で資金を増やせる可能性もあります。
危険性を抑えながら、可能な限り安全性の高い投資方法を選択することが、初心者にとっても効果的です。
ハイリスク・ハイリターンを目指す種類もあれば、ローリスク・ローリターンで運用できる投資もあります。

比較的ローリスクの投資方法として近年注目されている一つに、ソーシャルレンディングがあります。
事業用資金を求めている企業と、それに融資する個人投資家をマッチングするサービスがその特徴です。

ソーシャルレンディングの仲介業者が間に入り、企業と投資家を結びつけます。
企業にとってはスムーズな資金集めに役立ち、投資家にとっては少ない額から企業に貸し付けができるメリットがあります。

副業として利用している投資家も多く、口コミでも高評価を得ている投資方法になっています。
口コミの評価が良好な理由は、投資に手間がかからず、高利回りが期待できる点です。
資金的に余裕のない一般の投資家でも気軽に運用できるため、副業で投資ビジネスを行う場合にも便利です。

もちろんソーシャルレンディングも投資であるため、元本を減らすリスクはあります。
実績や規模において信頼性の高い仲介業者を利用すれば、詐欺のような状況に遭う心配はありません。
但し詐欺ではなくても、貸付先が倒産するような事態になれば、投資資金が返金されない危険性はあります。

過去の事例から考えてこのような可能性は低いですが、ないとは言えないため、十分な意識が必要です。
担保設定されている案件であれば、万が一事業者が業績不振に陥っても、担保をお金に替えて投資家に返金することができます。

また、ソーシャルレンディングでは運用期間が決まっていることも大きな特徴です。
案件ごとに、3ヶ月、6ヶ月、1年、あるいはそれ以上など、様々な運用期間が設定されています。
運用期間中に途中解約することは基本的にできないため、その期間は投資資金を引き出すことができません。

運用期間が長くなればその分配当も増えますが、資金が拘束されている時間が長くなるため、貸し倒れのリスクも上昇します。
特に初心者は、できるだけ短い運用期間の案件を利用する方が、リスク低下の面で効果的です。

ソーシャルレンディングの仲介業者自体が、事業破綻するリスクもあります。
過去にも事例があるため、仲介業者を選ぶ際は十分にその業者の経営状態や実績などを調べることが大切です。

仲介業者が倒産するような場合も、元本が返金されない可能性があります。
ソーシャルレンディングは比較的安全性に優れていますが、たとえ副業で行う場合でもリスク管理は自己責任になるため、しっかり調べた上で業者選びをすることが適切です。